2/6 「TOKYO MER〜走る緊急救命室〜」
待望のノベライズ発売決定!

4月28日(金)公開 劇場版『TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』の公開を記念して、2021年放送のドラマ版Ⅰ・Ⅱ、そして、劇場版のノベライズ本の発売が決まりました!劇場版を観る前の予習・復習に、そして、ぜひ、ノベライズならではの迫力と感動をお楽しみください!

TBSショッピング他、全国書店等でも予約受付中です!!

日曜劇場『TOKYO MER ~走る緊急救命室~』Ⅰ・Ⅱ

価格:770円(税込)
発売日:2023年2月25日(土)※一部地域により異なる場合がございます
出版社:宝島社

劇場版『TOKYO MER ~走る緊急救命室~』

価格:790円(税込)予定
発売日:2023年3月23日(木)※一部地域により異なる場合がございます
出版社:宝島社

詳細・ご購入はこちら

1/27 メディア露出情報(1月30日~2月5日)

<新聞・雑誌>

2月1日(水)
「シネマスクエア」 現場レポート、インタビュー(監督:松木彩)
「Cinema★Cinema」 現場レポート、インタビュー(監督:松木彩)
「日本映画navi」 現場レポート、インタビュー(プロデュース:八木亜未)
  • ※掲載日は予定のため予告なく変更する場合があります。ご了承ください。

12/23 T01プレミアムミニカー発売決定&MERジャケット(TOKYO・YOKOHAMA)受注開始!

ついにERカーT01プレミアムミニカー発売決定!
さらに、劇場版『YOKOHAMA MER』ジャケット、 『TOKYO MER』ジャケット(再販)もTBSショッピングにて期間限定で受注開始!
ぜひチェックしてみてください!

詳しくはこちら

12.7 劇場版予告映像、解禁!新作SPドラマも製作決定!

劇場版・予告映像を初解禁!

危険と隣り合わせの現場で多くの命を救ってきた【TOKYO MER】が今回緊急出動するのは、横浜・みなとみらい。
街のシンボル・ランドマークタワーでまさかの大規模火災が発生する…という衝撃的なシーンから始まり、厚労省の肝いりで新たに発足したエリート医療集団【YOKOHAMA MER】と鮮やかなライトブルーのERカー【Y01】も登場!
次々に巻き起こる爆発、燃え盛る炎。現場を襲う予想外の危機―。
手に汗握る大迫力の予告映像に、ぜひご注目ください!

そして!新作スペシャルドラマの製作決定!

映画公開を記念して、ドラマシリーズの一挙再放送が先日発表されましたが、この度、『完全撮り下ろし』によるスペシャルドラマの製作が決定しました!
果たして次は【TOKYO MER】にどんな試練が待ち受けているのか…?
劇場版公開へ向けて、一挙再放送&新作SPドラマで、「TOKYO MER」の世界をたっぷりと堪能してください!

11.1 公開日決定!ティザービジュアル解禁!

劇場版『TOKYO MER~走る緊急救命室~』の公開日が2023年4月28日(金)に決定しました!
来年のゴールデンウィーク、いよいよ【TOKYO MER】が再び出動します!!
さらに、映画ならではのスケールを感じさせるティザービジュアル も初解禁!
こちらのポスター、チラシは11月11日(金)より全国の映画館(※一部を除く)にて順次掲出予定です。

8.4 劇場版『TOKYO MER』新キャストとして杏が参戦!!

【TOKYO MER】に対立する新たな最先端の医療チーム【YOKOHAMA MER】が発足!
杏が初の“ドクター”役として超エリート医師集団を率いる!
横浜・みなとみらいが紅蓮の炎に包まれる—―

杏が演じるのは、【YOKOHAMA MER】のチーフドクター・鴨居友(かもい・ゆう)。
厚労省直轄の組織として新たに発足した【YOKOHAMA MER】は、【TOKYO MER】をしのぐ最先端の技術と、国際的に活躍するスタッフを結集したエリート集団。そして彼らを率いるチーフドクター鴨居は「危険を冒しては、救えない命がある」と、どんな時も冷静沈着な救命のプロである。
危険な現場にも勇敢に飛び込み「待っているだけじゃ、救えない命がある」と熱く理想を追う【TOKYO MER】のチーフドクター喜多見幸太(鈴木亮平)とは、正に水と油――
横浜・みなとみらいの美しい街並みが炎に包まれる前代未聞の緊急事態が発生。平和な海辺の街は大混乱に陥り、数千人が命の危険にさらされる中…対立する2つの医療チームは、すべての患者の命を救えるのか――!?

さらにスケールアップして帰ってきた劇場版『TOKYO MER~走る緊急救命室~』!
乞うご期待ください!

【杏 コメント】
ドラマを観ていた視聴者側だったので、オファーされた時は不思議な気持ちでしたし、現場で実際にMERの皆様とお会いした時はファンのような気持ちにもなりました。私にとって初めて演じる医療シーンで、言い慣れない用語や難しい医療技術、さらにそこにエマージェンシー(緊急事態)というものが加わるので、いろいろなことが求められる現場でした。非常事態のシーンの撮影では、本当にそれに近い緊張感が現場にあったと思います。夏場の撮影で過酷な時もありましたが、スタッフ・キャスト皆さんに身を預けて現場に臨みました。鴨居友は一見クールでかっこいい医者ですが、鈴木さん演じる喜多見チーフとはまた違う信念を持った医者なので、それぞれの曲げたく無い想いを演じようと心掛けました。様々な「救いたい想い」が伝わってくる映画だと思います。ドラマからさらにスケールアップして、ものすごい迫力になっていますので、私も映画の完成が楽しみです。
【鈴木亮平 コメント】
新しく【YOKOHAMA MER】というチームが出来ましたが、ずるいくらいカッコいいですよね。MERカーも最先端の機材が搭載されているし、服装も爽やかなカラーリングですし、僕も一回着てみたいです。(笑)杏さん演じる鴨居チーフとは何度も対立し、意見が食い違って言い争います。そこは今作の見どころの一つですね。鴨居友という役は冷静で一見冷たい物言いですが、その中にゆるぎない信念や人間愛、優しさがあるキャラクターです。現場中では杏さんのもっている柔らかさや愛情の深さが鴨居の中に感じられ、一緒に演じていて楽しかったです。
【高橋正尚プロデューサー コメント】
様々なキャラクターを演じられるたび別人に生まれ変わってしまう稀有な俳優であり、中でもクールさと愛らしさの双方が少しも違和感なく同居していることが、杏さんにしかない魅力だと感じています。エリート集団YOKOHAMA MERのチーフ・鴨居医師は、不合理なことは一切認めない冷徹さを持つ一方、医師としての使命感はTOKYOの喜多見チーフにも劣らない。「患者の命を救う」…信念は同じでもやり方が大きく異なる二人の医師の“究極の対決”を、横浜・みなとみらい全域を舞台に、大スケールで描きます。是非スクリーンでお楽しみ頂ければと思います。

6.29 劇場版『TOKYO MER』、新キャスト発表!SixTONES ジェシーが参戦!!

SixTONES ジェシーが初めての“研修医”役としてMERチームに参戦!

ジェシーが演じるのは、鈴木亮平演じる喜多見幸太率いる、【TOKYO MER】に配属となった研修医・潮見知広(しおみ・ともひろ)。
成長を遂げた中条あやみ演じる医師・弦巻比奈の後輩であり、菜々緒演じる看護師・蔵前夏梅らMERメンバーと共に、危機にさらされた患者の命を救うため奔走! どんな危険な現場にも、勇敢に飛び込んでいくメンバーたちの姿に戸惑い、身をすくませてしまう自分に葛藤しながら、MERの一員として、熱い使命感をもった医師として、少しずつ成長していく――そんな、これまでのイメージを一新する役どころに挑戦しているジェシーに、主演の鈴木亮平も「私と同じくらいの身長もあって、本当に頼もしい存在です。チーフの座を奪われないよう、ドラマの時よりさらに頑張ります」と意気込みを語っています。

更に、鈴木亮平、中条あやみ、菜々緒、ジェシーによる特別座談会も公開!

「待っているだけじゃ、助けられない命がある」
2023年、“熱き医療従事者たちの魂”が、日本に再び勇気をくれる!!

【ジェシー コメント】
オファーをいただく前からドラマを見ていたので、毎回感動していた作品に自分も入れて頂くと聞いて、正直、ビビりました(笑)
すでにチーム感も出来上がっているところに飛び込むのは非常に緊張しましたが、みなさん優しくて、すぐ受け入れて頂けたので安心しました。今ではすっかり打ち解けさせていただいています!
劇場版では、成長していく潮見を見ていただけたらいいなと思います。そして今後、「あっ、MERの人だ!」って思ってもらえるようにお芝居を頑張るので、是非、潮見に注目してもらいたいです!
【鈴木亮平コメント】
TOKYO MER の新メンバー、潮見役のジェシーさんは私と同じぐらい身長もあって、本当に頼もしい存在です。潮見先生にチーフの座を奪われないよう、ドラマの時よりさらに「喜多見チーフ」として頑張ります。 医療従事者の方々をはじめ、誰かのために頑張っている全ての人たちの応援歌になるような映画にしたいと思いますので、皆さん楽しみに待っていてください。